私の甘ったれて無駄にしてきた4年間のユニバーシティやりくり

あたいは今年22歳になる、大学1年生だ。

しかし、あたいは大学暮し2校まぶた、そして4クラスまぶただ。

何故かと言うと、あたいは以前の六クラス制大学へ進学後者、1クラスくらいは日毎通えていました。

当時お交際をしていた主人と、日毎おもしろい大学暮しを送れていました。

しかし、その彼氏と別れてからという売り物、まるっきり学校へ行かなくなり、両親には「今の学科の授業はあたいには向いていない。」「学業について行けない。」ということを理由で伝え、退学したのです。

後々、ふたたび努力を受けて無事にパスし、あたいは別の大学へ入学しました。

今回は四クラス制大学で、何ら正異存の学科だ。

こんなあたいは4月に新気持ちで、学校へ向かいました。

学業は本当に面白く、今までの2年間の大学暮しが噂のみたいでした。

しかし、1週間後者、あたいは学校へ行かなくなりました。

終始お家のベッドの上で過ごす年々だ。

しかし、一際民家にこもっているのも、それほど楽なものでもないので、学校へ行ってみようとは思うのですが、でも結局はベッドの上記…。

以前は周りの同僚は、軒並みあたいを気遣ってくれて、妨害や文字などの報知を共有してくれていました。

しかし、あたいがこんなに学校へ行かないせいで、すでにそれもしてくれません。

と言うか、共有したところで、とにかく学校へ行かないなら水泡だと思われているのでしょう。

それも仕方ないとは思います。

それにいつまでもこういう暮しを続けられるわけではなく、おわりはあるので、再び学校へ一から訪ね付け足し、ぐっすり4年間で修了できるように試したいだ。エピレ予約取れない