高校野球大会9日目巧者広陵、優勝候補の秀岳館下す

高校野球大会9日目第1試合は広陵と秀岳館の試合。初戦で実力校を倒した両チーム同士の対戦、2回戦で最も注目のカードでした。焦点は3季連続ベスト4の秀岳館を広陵投手陣がどう防ぐかに絞られていましたが、広陵エースが見事な投球術で抑え込む。秀岳館打線は右打者が変化球を見せられ内角を突かれて詰まらせていました。6回までホームランは許しましたが、1-1の展開は広陵優位に見えました。そして7回明らかに制球が甘くなった秀岳館左腕を広陵打線が捉え1死2.3塁でスクイズ。これは打球が強く刺せると思えましたが、痛恨のエラー、その後もダブルプレーが取れるはずの打球をファンブルしてリードを広げられました。最後は広陵の3番に3ランを浴び万事休す。優勝候補の秀岳館が完敗をしました。この日の広陵エースの出来からしてロースコアになるのは仕方がなく予想されることですので、しっかりと守りからリズムを作らなければなりませんでした。自分から勝機を逃してしまった戦いに見えてしまいました。キャッシング 金利が安いところは?

今日も役割の収入はひくいのかなあ。だいじょうぶかなあ

前日、美貌院の文章を書いた。美貌院の成果の申し立て。
利益率30%で、売り上げ25000円あれば、月額18万円。
単独美貌院はあまりにも儲からなさすぎる
それでも10間隔ビジネス。さっぱりもうからない。
部下を雇って4パーソンで5取り計らいを5サイクル、25人の観客をいれていけば、1000万を過ぎ去る
それなら喜びはあるけれど、自分に真骨頂が責務。
どちらにせよ真骨頂主義の風土です

レポーターは、利益率が95%ほど近い
売り上げがあっても行くのは電気代、サイトフィー、鉄道フィーのみ。
レポート費なので経費で落ちる。そのため、税金もハンパ無い。
でも入手のない現職だから、いいんじゃないだろうか。
そりゃあなたやりたがるはずよ。
世間、お金がなくて困ってるパーソンも要る
貧苦夫人が欠点になってる。でもレポーターなら一際勝てる。
派遣で月10万で暮す人が多いとか。
貧苦から脱出できてよかった。ITと経理の現職、まじめにやってきてよかった。
レポーターの現職も、まじめにやっていてよかった。
経歴につながっている。

プロ野球セリーグの最下位争い2チーム奮起に期待

プロ野球もパリーグ最下位だった昨年の日本一チームである日本ハムが調子を上げてきて,最下位を脱出するなど益々面白い展開になっていました。
日本ハムは昨年もシーズン中盤からの怒涛の連勝で首位に躍り出た経緯があるため,投打の主力大谷選手の復帰時期次第でまた首位戦線に躍り出てくるかもしれません。
対してセリーグは最下位争いの予想が多かったヤクルトと中日が,順当というか予想通りに最下位争いとなっており,最近はお互い連敗中で他の4チームとは差がついてきています。
もうしばらくするとセパ交流戦が始まり,実力があるパリーグチームとの対戦でより負けが込むのではという懸念もあります。
ヤクルトは主力打者の川端選手や畠山選手の怪我による離脱が大きく,特に首位打者も取った事がある川端選手が山田選手・バレンティン選手の前にいない事は大きな得点力低下になっています。しかし予想外に投手陣が健闘しているので,今後に期待は出来ます。
中日は主力投手が伸び悩み打線は新旧交代が進んでいなくて不安なので,投打共に思い切った若手の登用に期待します。
両チーム共にリードしながらの逆転負けが多いなど勝負弱さが目立つので,もうひと踏ん張りでペナントレースを盛り上げて欲しいものです。