行灯、ランプ、電気への変化も文明開化です

おランプ売のおじいさんは、電気を妬み、ランプに見向きもせずに、電気を使っている人を心憎く思ってしまいます。しかし、偉いのはおじいさんです。思いとどまり、確か、ムズ海に全部のランプを捨てていs舞うのではなかったでしょうか。時代が変わってしまったことに決別をし、新しいことを始めたのです。それが、本屋さんなのです。そこで、新美南吉さんも育ったというのです。
こんなふうに思い切れないのが人間です。おじいさんの勇気はなかなかできません。これって、今に通じますよね。ただ、昔のほうが新しいものが多かったです。と言ってしまうのは、先に進めない人ですね。何かあるはずです。
ただ、面白いのは、昭和から平成の時が、一番、技術が変化した時かと思っていると、行灯、ランプ、電気も相当な文明開化です。今だって、電話も、田舎には有線放送というものもあったのですから、黒電わ、プッシュ電話、携帯の前の電話、ガラケー、スマホと文明開化です。